詩 | eridiary

桜の涙



静かなこの通りが
賑やかになる頃
花がひらく姿は
少し悲しい

忘れたはずの面影
曖昧な記憶は
この季節が巡るたび
また溢れてる

ゆらゆら桜の涙
頬をつたい流れて
変わらぬ想いは今も
淡い風の中

今は長すぎた冬が
嘘のように思える
あの日と同じ空を
一人見上げた

ゆらゆら桜の涙
頬をつたい流れて
どんなに離れていても
ひとりじゃないよね

ゆらゆら桜の涙
頬をつたい流れて
変わらぬ想いは今も
淡い風の中







eri






 


  • 2017.03.30 Thursday
  • -

子守歌


ねぇ笑わないで聞いてね
今日は私が素敵な夢へと
連れていってあげる

ねぇ小さな頃のように
その髪を撫でて耳元で
そっと歌ってあげる

そして眠りにつくまで
ずっとずっと

ねぇ夢の中で聞いてね
いつもいつでも
あなたの側にいるから

おやすみ





eri







 

  • 2017.03.16 Thursday
  • -

アイコトバ

 

 

茜色に染まる今        
2人の影長くなる        
座り込んだ君の手を        
そっと繋ぐ        
        
さらさらと流れていく        
草の匂いやさしくて        
淋しいよって        
泣き虫な君のために        
        
2人だけのアイコトバ        
誰も知らない愛の歌        
口ずさめばほら        
笑顔になる        
        
茜色が終わる頃        
2人の夢強くなる        
もう少しこのままで        
いたいけど        
        
さよならは言わないよ        
またすぐに会えるから        
淋しいよって        
泣き虫な君のために        
        
2人だけのアイコトバ        
誰も知らない愛の歌        
口ずさめばほら        
笑顔になる        
        
2人だけのアイコトバ        
誰も知らない愛の歌        
口ずさめばほら        
笑顔になる        
笑顔になるいつでも      

 

 

 

 

eri

 

 

 

  • 2017.03.13 Monday
  • -

profile

ライブスケジュール

mini album 4曲入り

SCAN00031.jpg



eri’s Youtube



eri's facebook page.

カテゴリー

ブログ記事

検索

HOME