詩 | eridiary

 
気づかせるように
肩に触れた髪が
風で揺れる

緑の匂いで
あの場所に
ふと戻った気がした

靴下も脱いで
子どものように
芝生に寝転んだ

やわらかい感触が
あの人に似てて
少し笑った

遠く離れていても
胸の奥にある笑顔

変わらない温度で
あたためてくれる

I wish your "be happy"
I wish your "be happy"


それぞれ一人だけど
やさしい気持ちできっと
歩いていけるよ

遠く離れていても
胸の奥にある笑顔

変わらない温度で
あたためてくれる

I wish your "be happy"
I wish your "be happy"

それぞれ一人だけど
あなたと私の空は

いつでも青でしょう
いつでも青でしょう
いつでも青でしょう




eri


 

  • 2013.10.30 Wednesday
  • -

やさしい森

 



あなたに会いたいよ
どうしてみんな
笑っているのかしら
草や木も花も

愛してるよ、愛してるよ
耳を澄ませば
素敵な言葉だけが
聞こえてくるの

やさしい森に
迷い込んだみたい
月にいたうさぎの姿は
もう見えないわ

あなたに会いたいよ
どうしてみんな
泣いているのかしら
草や木も花も

愛してるよ、愛してるよ
何も言わずに
首を振るばかりで
答えてくれない

やさしい森に
迷い込んだなら
空の色さえも
忘れてしまうの

風の匂いも
本当の愛も
忘れてしまうの

ねぇ、どこいくの
ねぇ、どこいったの

あなたに会いたいよ
あなたに会いたいよ





eri


 

  • 2013.04.18 Thursday
  • -

星空の海に

 

ママの目盗んで
何度も屋根に上った
強い想いを
心の中で繰り返した

願いを叶えてほしい
わけじゃない
臆病な自分と
向き合っていくために

星空の海に流した
一筋の小さな光
辿りつく場所は
どこでも
ただ消えず 
輝いていて

大人になったら
探しても見つからない
強い想いは
形を変えてしまっていた

どうして
間違えてしまうの私は
もう一度あの屋根
のぼって見上げたい

星空の海に流した
一筋の小さな光
辿りつく場所は

どこでも
ただ消えず 
輝いていて

雨の夜が続いても
星はあるから

星空の海に流した
一筋の小さな光
辿りつく場所は
どこでも
ただ消えず 
輝いていて






eri



 

  • 2013.02.26 Tuesday
  • -

profile

ライブスケジュール

mini album 4曲入り

SCAN00031.jpg



eri’s Youtube



eri's facebook page.

カテゴリー

ブログ記事

検索

HOME